お菓子

退職のご挨拶で配りやすいデパ地下お菓子の選び方!年上の先輩にも!

お世話になった会社を、円満に去ることになった際の退職時には、きちんとご挨拶をしたいもの。

その際に、配りやすいお菓子はどんなものを選べばいいだろう?と迷っていませんか?

お菓子を配ると、挨拶しやすくなったり、会話が弾んだり。

また、退職や異動などの職場での改まったご挨拶をするというのは少し緊張する場面です。

職場によっては、退職後も人間関係が続いていくこともあるのでしっかりごあいさつしたいもの。

お菓子を渡すことでコミュニケーションがスムーズにいくと嬉しいですよね。

この記事では、勤めていた会社を退職する時のごあいさつに添える、配りやすいお菓子の選び方を説明しています。

デパ地下で購入できる、配りやすくておいしいお菓子もご紹介していきます。

退職時に配りやすいデパ地下お菓子の選び方!

小さい袋に1つずつ包まれている個包装のお菓子を選ぶ

ヨックモック個包装

個包装のお菓子は配る際にも、受け取る側も手が汚れず便利です。

受け取った人が食べたいタイミングで食べることができ、持ち帰ることもできます。

私もこれまで夫の転勤などにともなって、5度ほど、職場を退職しました。

退職の際には、個包装のお菓子を購入し、ごあいさつをしてきました。

出張などで不在の方の机にも、メッセージを添えてそっと置いておくことができ便利でした。

退職のごあいさつのお菓子は、配りやすく、受け取りやすいのが一番です。

個包装にはお店のロゴや賞味期限が入っているもの

ヨックモックロゴ拡大

お菓子を個包装で1つとか2つ、配られる際に気になるのが、どこのお店のものかということです。

無地のパッケージのものは、たとえ価格が、高かったとしても、安く見えてしまうこともあります。

せっかくお配りするお菓子なので、値段相応には見えてほしいものですよね。

個包装には、お店のロゴや店名がはっきり書かれているものを選びましょう。

また賞味期限についても、書かれていると、よりいっそう安心ですね。

ただし、書かれていないものも多くあるので、そこまでこだわらなくてもよいと思います。

配るタイミングを間違えなければ、みなさんすぐ召し上がってくれるはず。

切り分けたり、お皿が必要なお菓子は避ける

ホールケーキと切ったケーキ

切り分ける、お皿を用意するなど、配る前に準備が必要なものはできる限り避けましょう。

やはり個包装のものを配る方が無難です。

また、切り分けたお菓子だとすぐに食べる必要があります。

切り分けたお菓子は、その日に出勤していない人にお渡しできないということになります。

配りにくいもの、お皿が必要なものは避けるのが無難だよ。

値段が高すぎないもの、個数が多めに入っているものを選ぶ

ヨックモック箱入り

退職の際に配るお菓子は大体の人数から配る個数は予測可能です。

ただ、急にその場に居合わせた人や、想定外の人数の増加にも柔軟に対応できるように個数は多めに用意しましょう。

高級すぎるものを選び、あまり面識のない相手に配ると、お互い気を遣ってしまいます。

値段が高すぎず、個数が配る人数よりやや多めに入っているものを探してみてください。

賞味期限には余裕があるものを選ぶ

カレンダー

賞味期限については、もらった時にギリギリ今日まで?というよりは、少し先の方が印象がよいです。

賞味期限に注意して購入し、配る時まで日にちに余裕があることを確認してください。

賞味期限がわからない場合には店員さんに尋ねると教えてもらえますよ。

配るタイミングをよく考えよう

パソコンとお菓子

退職の挨拶であれば配るタイミングをよく考えて配りましょう。

職場のルールによっては、給湯室や休憩室と言った場所に置いておいたりすることもあります。

また、休憩時間などが決まっている場合などもあります。

勤務時間がフレックスなどの場合にも、状況によって、きちんと挨拶できそうなタイミングを選びましょう。




退職時に配りやすいデパ地下お菓子5選

1.ガトーフェスタハラダのグーテ・デ・ロワ

ガトーフェスタハラダの紙袋

ガトーフェスタハラダの定番商品のラスクであるグーテ・デ・ロワは、鉄板の美味しさ!

ボリュームもあり、値段が高過ぎないのでおすすめです。

グーテ・デ・ロワの販売形態の種類と価格を表にまとめてみました。

1袋あたり2枚入りなので食べごたえがあると思います。

ご参考までに、1袋あたりの価格も計算してみました。

賞味期限:製造日より50日

形態 大きさ 袋数 税込価格 1袋あたり価格
大缶 40袋 3,240円 81円
中缶 26袋 2,160円 83円
小缶 18袋 1,620円 90円
化粧中箱 13袋 1,080円 83円
化粧小箱 7袋 626円 89円
簡易袋 簡易大袋 13袋 972円 74円
簡易小袋 8袋 626円 78円

休憩室に、置いておく場合には缶や箱入りのものが、よいですね。

自分で配る場合には、お買い得なパッケージの「簡易大袋」だとリーズナブルに済ませられます。

ガトーフェスタハラダには、グーテ・デ・ロワ以外にも、グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレートや、ガトーサブレなど、様々な種類のお菓子があります。

ごあいさつに配るお相手に合わせて、違った種類を選ぶのも楽しいですね。

ただ、迷った場合には、王道のグーテ・デ・ロワのラスクが喜ばれるのではないでしょうか。



2.ヨックモックのシガール

ヨックモックロゴ入り箱

ヨックモックのシガールの味を好きな人は多いと思います。

というか、私の出会った人の中では、ヨックモックの味を嫌いという人に会ったことがありません。

大勢に配る場合には、昔ながらの定番の味が年上ウケもよく安心感があります。



種類 個数 税込価格 1個あたりの価格
シガール 14本入り 972円 69円
20本入り 1,458円 73円
30本入り 2,160円 72円
48本入り 3,240円 66円
クッキーアソート 44個入り 2,700円 61円
58個入り 3,240円 56円
92個入り 5,400円 59円
118個入り 9,234円 78円

 

ヨックモックはシガール以外にも、チョコレートが筒の中に入っている、シガールオゥショコラなどもあります。



3.本高砂屋のショコラエコルセ

本高砂屋のエコルセ箱入り

エコルセは、昔ながらの定番ですが、「ショコラエコルセ」の販売期間は2019年10月中旬〜2020年3月とのこと。

今回は、私が実際に食べてみて美味しかったのでご紹介します。

3月末の異動の時期などには間に合いますね!

パッケージは少し地味ではありますが、価格と味を考えるとコスパがよく食べやすい!

ショコラエコルセとは、チョコレートでくるまれた樹の皮という意味だそうです。

薄く焼き上げられた生地と、ミルクチョコレートとホワイトチョコレートのバランスが口当たりを良くしています。

賞味期限:180日

枚数 税抜価格 1枚あたりの価格
ショコラエコルセ 10枚 500円 50円
20枚 1,000円 50円
30枚 1,500円 50円
40枚 2,000円 50円
60枚 3,000円 50円

 

 

エコルセ2種類

1枚あたり50円とリーズナブル!2種類ずつ配ってもよいですね。



4.アンリ・シャルパンティエのフィナンシェ・マドレーヌ詰合せ

マドレーヌ

アンリシャルパンティエのフィナンシェとマドレーヌはボリュームがあるので少し、1つ当たりの価格は高くなります。

配る人数が少なめの職場で配る際におすすめです。

フィナンシェはアーモンドとバターの風味がおいしく、マドレーヌはレモンの香りとふっくらした食感がとても美味しいです。

アンリ・シャルパンティエ
フィナンシェ・マドレーヌ詰合せ
個数 税込価格 1個あたりの価格
8個 1,080円 135円
12個 1,620円 135円
16個 2,160円 135円
24個 3,240円 135円
32個 4,320円 135円
40個 5,400円 135円

 



5.ヴィタメールのサブレ・ショコラ

ヴィタメールのようなチョコレート

ヴィタメールはチョコレートで有名なお菓子メーカーです。

チョコレートそのものは個包装されていないものが多いですが、サブレ・ショコラはチョコをサンドしたクッキーで、個包装です。

クッキー生地にチョコレートがはさまれていて、クッキー生地はココア生地と、ヘーゼルナッツ生地の2種類が詰合せとなっています。

賞味期限:製造日より90日

ヴィタメール
サブレ・ショコラ
枚数 税込価格 1枚あたりの価格
7枚 648円 93円
12枚 1,080円 90円
18枚 1,620円 90円
24枚 2,160円 90円

 

ヴィタメールというチョコレートで有名なお店という安心感のあるチョイスながら、2019年8月27日発売開始の比較的新しい商品です。新しいもの好きの方が多い職場でも喜ばれそうです!




退職時に配りやすいお菓子の配り方まとめ

箱にリボンがかかった贈り物

退職時にご挨拶として配るお菓子は誰からも強制されるものではありません。

お世話になった職場の方に心ばかりのご挨拶をしたいと思って配るものです。

 

せっかくの心遣い、少しでも相手の方を喜ばせたいですよね。

退職時に配りやすく、年上の先輩や上司にも喜ばれるお菓子の選び方をまとめておきます。

  • 個包装のもの
  • 個包装にもお店のロゴなどがあるもの
  • 切り分け・お皿不要のもの
  • 賞味期限に余裕のあるもの
  • 高すぎず安すぎず、適度な価格
  • 配る人数より少し多めに用意する
  • 味に定評のあるもの
  • 配る際にはタイミングを考えて

お菓子を配ること以上に大切なことは、これまでの感謝の気持ちを伝えて、きちんとしたお別れのごあいさつをすることです。

こちらにご紹介した配りやすく印象のよいお菓子を配ることで、お別れの場面もスムーズにすすみますように!